<< 2018年ラストカヤックツアー | main | リサーチしてねカヤックツアー >>
調子に乗った結果のカヤックツアー
0

    2019.1.3(木)本日も朝から雨ー

    年明けてまだ太陽と星見てないな

     

    さて、先日

    相も変わらず

    しとしと雨が降り続ける中

    キャンセルするわけでもなく

    自前のカッパで完全武装して

    元気に来ていただきました

    寒くてへこたれそうだけど

    元気出していこうぜー

    お昼間カヤックツアー

    この日のお客様

    お子様2人の

    ご家族でございます

    「カヤックはやったことありますか?」

    「小学生の時にやったような…」

    とお母さん

    「それはやったことないでいいんじゃない」

    とはお父さん

    2人とも正しいです

    でも

    「ニコラスさんに後ろ乗ってもらうわ」

    とあっさり決めるあたり

    初めて感が満載です

    やる気満々の長男坊

    めっちゃ漕いでるし

    「楽しい!」

    って言ってくれてるので

    「ウチで働くか?」

    と聞いたら

    無視

    お母さん曰く

    「都会好きだから無理です」

    あらら

    楽しんでるけどなー

    結局

    都会っ子かい!

    次男坊は恐竜のカッパで登場

    可愛すぎますね

    でも

    「今この子ショック受けてるんです」

    え?どういうこと??

    ホテル出る直前

    ヴィッセル神戸のイニエスタのユニフォームを着てたら

    みんなから

    「イニエスタ」コールを受け

    調子に乗った次男坊はベットの上で暴れ

    そして落下

    顔面にあざを作っての登場となったのでした

    神戸ファンというみなさん

    イニエスタにはしゃぐ気持ちはわかります

    でも落ち着いて

    2歳児を調子に乗せないようにね!

    上陸して

    都会っ子のはずの長男坊が

    「生き物見つけるぞ!」

    と盛り上がってくれたのですが

    寒さのせいか

    生き物見当たらず

    絶望の立ち尽くし

    ワタクシも時間をもらって

    必死に捜索したものの

    全然いない!

    他のガイドさんに

    「昨日俺が全部捕まえて食っちゃったよ!」

    と言われたのに

    笑えない

    「まぁ生き物だから仕方ない」

    とあきらめました

    なんかごめんねー

    せっかくやる気出してくれたのにね

    そんなわけで帰り道

    ちょっと席替えしてスタートです

    雨もまた降ってきちゃって

    ちょっと寒いけど

    次男坊力尽き

    寝る

    「よくこの状況で寝られるな」

    とパパに突っ込まれておりました

    一方の長男坊

    漕ぐのは大好き

    ワタクシの前でめっちゃ漕ぎ

    終了後

    「寒かったしちょっと早く終わっちゃいましたね」

    と伝えると

    「ごめん僕が速く漕ぎすぎたせいだね」

    いいねその調子乗り

    君はベットから

    落ちないでよね!

     

    本日はNicolas toursで調子に乗って楽しんでいただきありがとうございます

    兄弟悲喜こもごも

    まずはHPをチェックしてみてください!多彩なメニューでお待ちしております
    http://www.nicolastours.net/

    「お、いいなぁ」と思ったらぜひ「いいね!」もお願いしますねぇ 
    http://www.facebook.com/#!/nicolastours.net 

    早すぎてこの後の予定も狂ってママ困る

     

     

    中継ないけど箱根駅伝東洋大往路新記録で優勝

    このままぶっちぎって総合優勝してほしい

    でも去年も往路は勝ってるんだよなぁ

    カテゴリ:- | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 06:38 | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://nicolastours.jugem.jp/trackback/1986
      トラックバック