<< 早朝カヤックツアー | main | 怖…くないカヤックツアー >>
ついに登ったトレッキングツアー
0

    2019.3.22(金)本日も今のところきれいな満月

    雨予報ですけど…さて

     

    さて先日

    いつもの親子が来てくれまして

    「今回は西表の番」

    ということで石垣で残された時間は1日だけ

    明日には西表

    「何します?」

    「いい加減山登りたい」

    時間はあるよ

    行ってみようよ

    何とか頑張って

    登りに行きました

    トレッキングツアー

    当ブログ

    当フェイスブックなどで大人気の

    コチラの娘さんが登場

    母親の

    かねてからのご希望でありました

    山へ登る日がやってまいりました

    ですが1週間前

    「娘足首ねんざで登山に黄色信号」

    の情報が

    1週間あれば治るだろ

    と高をくくっていましたら

    当日

    「もう痛くない」

    「またひねったらニコラスさんのせい」

    なにはともあれ

    登ろうじゃないか

    崖をよじ登り

    上から引っ張り

    下からでかいケツを押し

    なんとか

    かんとか

    頂上にたどり着きました

    行ってみるもんですね

    頂上へ着くと

    「怖い」

    ということで

    全く先の方へは出てこない娘ちゃんではありますが

    お母さんのご希望が叶ったので

    今回はいいのです

    「もう降りる」

    と5分後に言いだしますが

    ギリギリまで無視することにしたのでありました

    多少雲は多いものの

    時折日も差してきます

    「風が気持ちいい〜」

    と言う人あれば

    「風が寒い」

    と言う人あり

    育ってきた環境が違うから

    好き嫌いはしょうがない

    登りで大汗をかく人あれば

    いくら登っても寒がっている人あり

    運動不足

    ここに極まり

    頂上で

    めっちゃ珍しい生き物が足元を這うというビッグサプライズ

    ワタクシ興奮

    お母さん驚愕

    娘は無視です

    お母さん驚きすぎて本当に飛び上がりました

    珍しいものが見られて喜んでいるのはワタクシだけ

    いやぁそれだけで登った甲斐があるってもんよ

    さらにハプニングは続くもので

    またもや娘ちゃんのペースで

    えっちら

    おっちら

    下っているときに

    ふと後ろを振り向くと

    お母さんの胸元で

    大きなペンダントが

    …あれ?ペンダント?

    2度見をすると

    子供のカエルでした

    カエルが胸元にいる光景って

    あまり見たことがない

    お母さんはパニックでしたが

    無事森に帰してあげましたよ

    娘ちゃんが登頂できた喜びよりも

    ハプニングの方が多かった

    そんな初登山でございました

     

    本日はようやく念願の山に登っていただきありがとうございます

    山の景色よりカエルの記憶が鮮明ですね

     

    ニコラスツアーズスタッフ絶賛募集中!!

    詳しくはホームページをご覧ください↓↓

    まずはHPをチェックしてみてください!多彩なメニューでお待ちしております
    http://www.nicolastours.net/

    「お、いいなぁ」と思ったらぜひ「いいね!」もお願いしますねぇ 
    http://www.facebook.com/#!/nicolastours.net 

    天然記念物「キシノウエトカゲ」が足元を歩くってなかなかない

     

     

     

    イチローさんがついに引退決意

    残念すぎますが今まで最高のプレーを見せてくれました

    お疲れ様でした

    カテゴリ:- | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 06:13 | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://nicolastours.jugem.jp/trackback/2027
      トラックバック